光のさす方へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 神様の試練なのですか?

<<   作成日時 : 2005/03/11 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

昨日のブログを読んでくださった方は、意味のわからない内容でしたよね
すみません
昨日はとても説明できる精神状態ではなかったのですが、何かを吐き出したくて、あーいう文章になりました

昨日の夕方までは平和な一日でした
午前中はバイトの面接に行って(残念ながら不採用でしたが…)その帰りにショッピング
特に何もなかったので本屋で立ち読み
気になった本を買って、カフェでブレイクタイム♪
早速買った本を読破しました(なので2時間くらいいました)
帰ってきてからは買い物へ行って夕食の準備
父と弟に食べさせて、私はお風呂へ
この日、珍しく早くお風呂に入ったんです。7時くらいだったかな
そして、お風呂から上がってゆったりしてたときに、あの電話が…

弟が出たのですが病院からでした
「彼氏が病院に運ばれた」と。
「すぐにご両親を呼んでください」と。

仕事中の事故だったんです
彼氏は自分のミスで指2本を切断という怪我をしました
もう元には戻りません
左手の人差し指と中指です
人差し指は第二関節くらいは残ってますが、中指は全部切断です

電話を受けたときは、私は意外に冷静でした
弟がいう症状と病院名、電話番号などをメモし、父へ電話。
その間にパソコンで住所を調べて、ご両親に伝え来てもらうようにお願いしました
私は髪も乾かさず着替えだけしてすぐに家を出ました
弟にもついて来てもらいました

病院には私たちが一番早く着いたので、簡単に説明を受けました
指の状態は私は「見ないほうがいい」と言われ、弟に聞いてもらいました
私たちが到着してから30分後、父とご両親が到着。
きちんと説明してもらい、彼は手術へ
手術は2時間くらいかかったんでしょうか。
その間に彼の着替えを取りに一度家に戻りました
もう一度病院へ戻り彼の手術が終わったのを確認して、顔を見て帰りました

一度家に帰ったときに薬を飲んでいたので、家に帰ってから3時間くらいでなんとか眠りにつきました
時間的には5〜6時間ほど寝たのですが、何度も目が覚めたので起きたときは寝た気がしませんでした。体が重かったです

昨日運ばれた病院が家から遠かったので今日、家から近い病院へ移りました
今日やっと意識のはっきりした彼と会うことが出来ました
思ったよりも冷静なように振舞っていました

私の顔をみた第一声は「YUUごめんな」でした
彼のお母さんや私の父がいる間は気丈に振舞っていましたが、私と二人になると
泣いているようにみえることが何度かありました

今彼は必死で戦っています
負の状態になると自分でコントロールできないと思い明るく振舞っています
普通の会話をしています
でも内面は後悔とショックで溢れています
当たり前です。指を失ったんですから

今は包帯で実際どうなっているのか見ることはできないのですが、実際傷が治って
包帯をとったとき、私は初めて実感するんだと思います
指のない状態を。
彼はもう見せてもらったそうです

これから一生この体で生きていかなければいけないのです
工夫をすれば、そんなに不自由なくすごすことはできるでしょう
会社もそのまま雇ってくれると、彼さえ望むなら定年まで雇ってくれるといっています
まだマシだったと思うしかないのでしょう

これからまだ1ヶ月ほどの入院です
その間、もしくはそれ以降も彼はその現実を受け入れ、乗り越える作業をしないといけません
そのとき、私は何ができるでしょうか…

今の私はなんとなく自分でない感じがします
まだ現実を受け入れることができてないです
放心状態とでもいうのでしょうか
お腹の辺りがとても重く苦しいです

なぜ彼がこんな目にあわないといけないんでしょう
仕事をみつけたと思った途端にこんなことになるなんて。

以前も仕事を始めて3ヶ月くらいで髄膜炎になりました
髄膜炎の後遺症で働けない期間が続きました
その間派遣でアルバイトをして過ごす日々。
その中でやっと決まった仕事なのに、また仕事が決まった途端今回の事故です
なぜなんですか?
どうして彼ばかりそんなに苦しまないといけないんですか?
彼が何をしたというんですか?

私自身、心の中が真っ暗になっている感じがします
悲しいのか、辛いのか、怒りなのか、悔しいのか…
全部なのかもしれません。
気を抜けば、真っ暗の闇の中に落ちてしまいそうな気がします
今は私がしっかりしないといけないのに。

幸い、明日はカウンセリングと診察です
出来る限り吐き出してこようと思います

いつも使っているPCを彼の病院へ持っていったので、しばらくネットができないかもしれません
今は弟の部屋にあるPCを使っているのですが。
無理だと思ったときには病院へ行くなりココで吐き出そうと思います
私たち二人が前向きになれるよう、どうぞ見守ってくださいm(_ _)m


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
見守ってるよ。YUUたん、いっぱい吐き出してね。
みい
2005/03/11 21:50
YUUちゃんあたしも見守ってるからね。
リエリン
2005/03/12 00:39
YUUちゃん、お疲れ様。
あまり無理をしないでね。きっと彼氏さんもYUUちゃんに悲しい気持ちになってほしくないから、気丈に振舞ってくれてるんだね。
ちゃんと見守ってるよ。いっぱい吐き出そうね。
二人に幸運が訪れることを祈ってます。
ひゅーが
2005/03/12 00:52
YUUちゃん、こんにちは、あすかです。
彼氏さんもYUUちゃんも、周りの方々も、無理なさりませんように。
遠く離れてても、見守ってるよ。応援してるよ。
疲れたら、無理しないで少しだけでも休んでね。お大事にして下さいね。
あすか
2005/03/12 15:41
そうなんですか。彼氏さん大変だったね。私の実家のクレーン工場もとても危険です。
点検時は10メートル上のクレーン上に乗って安全具無しに作業する事もあります。
製造時も電機ドリルを扱う時は指を持っていかれないようにしなければ指の切断もあります。
ガス・電機溶接にも危険はつきものです。その中で約2年間仕事をしました。
抗うつ剤や安定剤を飲んでいて平衡感覚が弱い私が事故にあわなかったのは不思議です。
彼氏とYUUさんの辛い気持ちは本人でなくても文章で十分伝わっています。
泣きたくなったら泣いてください。吐き出したくなったら吐き出してください。
できる限りお話を聞きたいと思います。これから辛い日が続くと思いますが、体を壊さないようにご自愛ください。私はYUUさんの見方ですよ。
VTR
2005/03/12 21:13
みいたん、リエリンちゃん、ひゅーがさん、あすかさん、V君
みなさん心配かけてしまってゴメンなさい
あたたかいコメントありがとうございます
今は彼も明るくしているので私も救われています
まだまだこれからが辛いと思うので、見守ってくださいm(._.)m ペコッ
一人一人にコメント返せなくてごめんなさい
YUU
2005/03/14 19:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
神様の試練なのですか? 光のさす方へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる